建築士になるまでに

建築士になるまでに

「けんちく」のプロを目指して

前しか向かねえ

皆さん、こんにちは。mitsukiです。

 

f:id:t-mitsuki:20170331123916j:plain

 

更新がだいぶ遅れてしまい、申し訳無さで胸が潰れそうです。|||Orz
(理由は後ほどお話します。)

 

先日、読者の方からちょっと厳しいご指摘をいただきました。

 

内容にショックは受けたものの、こういったコンタクトはコメント欄以外では初めてのことだったので内心とても嬉しかったです。。

 

肝心の内容ですが、ざっくりと説明すると「ブログで言ってること矛盾してますよ。」というものでした。

 

まあこのへんは大方予想が付きますね。笑

 

ではその内容は何であったのか?

 

みなさんで推理してください。

(ビフォーアフター風)

Ads By Google

 

指摘の内容

 

かなり以前の話ですが、私はこんな記事を書いていました。

 

マンションのピロティ構造に関する記事です。

architegg.hatenablog.com

 

ここでこんなことをハッキリと書いてました。

 

現在まで建っている建物は当時の建築基準法を満たしているかたこそ、建っているのです。

…(中略)

修繕費を積み立てて、管理がしっかりしているマンションであれば何ら問題はありませんのでご安心を

熊本地震とピロティ構造 - 建築士になるまでに

 

これが自分の首を締めるとはつゆ知らず…

 

次に、最近のことですが「既存不適格建築物」というものを題材に記事を書きました。

 

それがこちら。

architegg.hatenablog.com

 

問題の文章はここ。 

 

現行法に沿っている建物であれば何ら問題はありませんが、既存不適格建築物は少し状況がややこしくなります

…(中略)

追加で工事をするときは、現行法に反している部分はついでに全て直さなければならないのです

既存不適格建築物とは - 建築士になるまでに

 

f:id:t-mitsuki:20170331123342p:plain

 

「当時の法律を守ってれば良いんじゃなかったの!?」

 

ご指摘をいただいた方はもう少し柔らかい表現でしたが、おおむねこのような内容でした。

 

ご指摘していただいた方がおっしゃる通り、既存不適格建築物の場合は各種制約が多くなりがちです。

 

その辺も少しだけ頭の隅においておかないと、いざ中古物件をリフォームしよう!となったときに色々とお金がかかってしまうと説明させていただきました。

 

本当によく読み込んでいただいているなぁと思うと同時に、もう下手なことは書けないと実感した瞬間です。 

 

しかし「このブログをここまで読み込んで矛盾を見つけていただき、その上指摘までしていただけたこと」に対しては感謝の気持ちしかありません。

本当にご指摘有難うございます。

 

今後の方向性

 

現在通算で69記事。

少し管理するのが大変になってきましたね。

 

さて、このご指摘をいただいたあと同じような矛盾がないかチェックしていました。

 

その過程でまたいくつかの矛盾を見つけました。

 

せっせと記事を直していました。

 

でも気付いたんです。

 

これは私が本来やるべきことではない、と。

 

このブログの目的は再三書いてきたように、私自身の備忘録&建築を建築と関わりのない人にも広く知ってもらうこと。

 

このふたつが現在の大きなテーマです。

 

教科書に記載してあるような高尚な内容である必要性はそこまでありません。

 

それどころか子供でも簡単に理解できるような内容で、建築を知ってもらう取っ掛かり的な位置付けが理想です。

 

さらに極端なことを言ってしまえば、建築に興味を持ってもらえればデタラメを書いたって別に良かったんです。

(人並みのモラルは持っているのでそんなことは決してしませんが。)

 

それが今回のケースはどうでしょう。

 

なまじ知識が付いてきたらそれを披露し、それが間違ってたから後付けで記事を書き直す。

 

そもそもブログだからこそ修正できることであり、実際の仕事ではこんな後出しジャンケンみたいなこと出来ません。

 

そんなこんなで結果として新しい記事を書くのも遅れてしまい、もはや何のためのブログなのかわからなくなってしまいました。

 

一切の間違いがない完璧な内容を求めるのであれば書店で参考書を買うことがベストですし、その基準にこのブログを合わせる必要はないと判断しました。

 

ですので、昔の記事はもう見直しません。 

 

私自身、内容が稚拙すぎて削除したい記事もたくさんありますが、その時その時に感じたことを記録として残しておくことのほうがより重要だと思うのでそのままにしておきます。

 

そんなことよりたくさん記事を書いて建築の実態を世に広めていくことを最優先にします!

 

そういう意味での「前しか向かねえ」。

 

皆さん、今後とも暖かい目で見守っていてください。

 

Ads By Google

 

おわりに

 

年度末!

別れの季節でもあります。

 

私も先日、大好きなラジオ番組が改編のため終了してしまい悲しい気持ちです。

 

しかし別れの数だけ出会いあり。

次の番組もまた同じように好きになれると良いですね。

 

いつもご覧になっていだたきありがとうございます。

 

それでは。