読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築士になるまでに

「けんちく」のプロを目指して

仕事最終日

就職活動

昨日が退職日

 

卒業以来、十数年間お世話になった会社とも昨日でお別れとなりました。

 

ご迷惑をおかけしたにも関わらず送別会まで開いてもらい、最後まで良くしていただきました。

 

改めて社会にひとり放り出されたことを実感すると同時に、これからは何をするにも自己責任だということを考えさせられます。

 

これまで仕事の壁にぶつかるたびに、自分はこの仕事とずっと向き合っていけるのか?と自問自答してきましたが、いよいよ決断したことが現実となって自らにのしかかってきます。

 

脱サラからの再チャレンジなど聞こえは良いかもしれませんが、その責任はもちろん誰も取ってはくれません。

 

職が見つからず途方に暮れる可能性も十分にありますし、何もかもが中途半端なまま人生を終えてしまうかもしれません。

いまの不景気な世の中では手を差し伸べてくれる人も少ないでしょう。

 

それでも自分が長年やりたかったことに挑戦する機会を得ることが出来たので、不思議と後悔も将来への恐れもありません。

 

 

ここから死に物狂いで、建築という仕事に取り組んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする